男の人

人を絞り込める企業

講演のためにどのような講師を呼べば良いのか分からない時は派遣企業を活用すると良いでしょう。価格帯や講演ジャンルから人材をセレクトできます。派遣企業から講演を依頼すれば費用の支払いまで業者が間に立ってくれますから、手間取る必要がありません。

観客

快適に利用するために

講師を派遣するタイプのサービスに依頼をする場合には、しっかりと依頼をする業者の情報を調べると良いです。また派遣される講師の実績や講演の履歴を提供してもらい、各種の情報を確認してから講師に来てもらうと安心です。

セミナー

講演会の集客率アップ

講演会の人選はとても重要です。どのような人を承知するかで、その集客率が違ってきます。講演会の予算やテーマなどに苦労するようであれば、講師派遣サイトの利用がお勧めです。同サイトでは、名立たる講師が名を連ねています。招致する人材が決まったら、派遣サイト側で、出演依頼の交渉も行ってくれます。

ウーマン

人材選定から送迎まで

派遣業者を使って講演の講師を探す場合、理想的な人材を選定してくれるため便利です。また講演会場まで講師を送迎してくれる派遣業者もありますから、利用者は会場の準備に注力できます。業者に仕事を依頼する時は宣伝材料も提供してくれる場所を探すと良いでしょう。

男の人と女の人

講演のために必要な準備

派遣企業を使って講師に講演を依頼する時は、費用の内訳を理解しておきましょう。講演料は大きく分けて謝礼金と交通費で成り立っています。派遣業者を使って講師を招けば、セッティングから支払いまで一括して行ってもらえるため手間がかからないと人気です。

企業の協力を得るために

講義

講演会を開催するとき

講演会やシンポジウム等を開催するとき、主催者としては講師選定に最も注力することになります。そうした場合、講師依頼をする場合、大まかに2通りの方法があります。一つは講師に直接依頼する場合と、もう一つは、講師の所属する団体や企業に対し、派遣を依頼することです。主催者としては、まず講師に講演依頼をすると同時に、所属する団体に派遣依頼が必要か、派遣が可能かを尋ねる必要があります。団体・企業によっては、社員を講師等で派遣することがNGな場合もありますし、団体や企業側が派遣する社員を指定してくる場合もあります。また、謝金等についても確認が必要です。民間企業の社員等は副業禁止の場合が多くありますので、講師に謝金を渡していいのか、あるいは団体・企業側に謝金を渡すべきなのか、その確認をしておかなければなりません(講師個人に謝金を渡す場合は源泉徴収をする必要がありますし、団体・企業側に謝金を渡す場合はその必要はなかったりします)。そして、それが必要だとなった場合は、講師派遣依頼書を出す必要があります。その提出先の名前(例えば社長なのか、所属長なのか等)も確認が必要です。つまり、丁寧な打合せを重ねていくことが、無駄なトラブルが起きるリスクを軽減し、双方にとってより良い講演会となるわけです。なお、企業によっては社会貢献の一環として、無料で講師派遣・セミナー開催等を行っている場合があります。特に健康食品や飲料、医療法人や社会福祉法人などはこうした事業を行っている場合が多くありますので、ホームページ等で確認してみると良いでしょう。

Copyright© 2017 講師の派遣の依頼を引き受ける業者「芸能人を呼ぼう」 All Rights Reserved.